分科会 Subcommittee

ブランド経営分科会

ブランド経営分科会 第1回研究会
「標識法×法言語学 ブランドの混同・希釈化についての学融合的考察」
(2019年8月23日開催)

 ブランド経営分科会は、ブランドに関する研究を行うことを目的として、2019年6月に発足し、今回、第1回目の研究会を開催いたします。
 当分科会は、担当理事に橋本正洋副会長、そして座長に商標・意匠専門の弁理士(国際ファッション専門職大学教授)の西村雅子氏をお迎えして、ブランド戦略をはじめとする企業のブランドにまつわるイシューを商標法、不正競争防止法を中心とした知的財産法の視点、ブランディング・マーケティング等のビジネスの視点等、学融合的な議論を進めていきたいと考えております。

 記念すべき第1回は、「標識法×法言語学」をテーマに研究会を行います。
 第1部の講師である西村雅子氏(当分科会座長)は、弁理士として、商標や意匠の分野において幅広く活動しています。また、その傍ら、大学の教授としても積極的に研究・教育活動を行っており、「商標法講義」という教科書や多くの学術論文を公表しています。
 第2部の講師である堀田秀吾氏は、法言語学の研究をされている言語学者です。特に、商標の類否判断や裁判員裁判などにおける言語使用・コミュニケーションについては、先進的な学術論文を執筆されており、当分科会が目指す学融合的な研究をされている研究者です。また、最近では、一般書・ビジネス書・語学書も多数執筆され、TV朝日ワイド!スクランブルにコメンテーターとして出演されるなど、マルチにご活躍されております。
 そのお二方により、それぞれ標識法と法言語学の観点から、ブランドの混同・希釈化について考察していただき、議論したいと考えております。
 混同・希釈化は、商標実務における重要な検討事項であり、第1回目に相応しい課題と考えております。この課題について、当分科会が目指す学融合的なアプローチで掘り下げて参ります。

研究会案内パンフレット

【日 時】 2019年8月23日(金)18:00-20:30 (開場17:30~)
【場 所】 国際ファッション専門職大学内 総合校舎コクーンタワー ホールA
      https://www.piif.ac.jp/#access (東京都新宿区西新宿1-7-3)
【参加費】 無料  ※懇親会開催予定(有料:5,000円程度)
【対 象】 日本知財学会会員および一般の方
【講演者】
   第1部
「ブランドの混同・希釈化ー標識法の観点からの考察」
 西村 雅子 氏

 大島・西村・宮永商標特許事務所・パートナー弁理士
 / 国際ファッション専門職大学 教授
  第2部
「ブランドの混同・希釈化ー法言語学の観点からの考察」
 堀田 秀吾 氏

 明治大学法学部 教授
【参加申込】
https://fs223.formasp.jp/c358/form2/
※ こちらのフォームから、参加登録をお願いします。
※ キャンセルもフォームより受け付けております。
※ フォーム入力ができない方は下記のメールアドレス宛にお申込みください。
  entry_bk●ipajsc.org ※●を@に変えて送信してください