学術研究発表会 Research Presentation

第19回年次学術研究発表会

第19回年次学術研究発表会の概要

テーマ:「Society5.0の実現に向けた知財マネジメントの役割と新たな挑戦」

 2021年4月からスタートした第6期科学技術・イノベーション基本計画では、新型コロナウイルスの到来による社会情勢の変化を受け、改めて第5期科学技術基本計画で掲げたSociety5.0の実現へ向け、強い意志が込められることとなった。
 一方、Society5.0の実現過程においては、AI等の技術進歩はもとより、経済社会全体を通したデジタル化やデータ利活用の促進が不可欠となってくる。ここには、工学や情報科学などの技術的視点、生産性や労働環境、事業化、収益化いった経営的視点、データガバナンスや国際協調といった法的・政策的視点、個人情報の扱いやコミュニケーションの変容といった社会的受容性の視点が内包される。しかしながら、同基本計画においては、知的財産の視点はデータガバナンスなど、ほんの一部に留まる。
 メインシンポジウムでは、研究・イノベーション学会とのコラボレーション企画として、原山優子研究・イノベーション学会会長をお招きし、今後の科学技術・イノベーション政策の展望についてご講演していただくとともに、Society5.0の実現過程において求められる知財マネジメントの役割や、今後直面するだろう課題について議論を深める。

日 程 2021年11月27日(土)、11月28日(日)
開催方法 オンライン(Zoomを予定)
(配信拠点:国立大学法人電気通信大学)
特別協賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
特別協賛団体の会員は、学術研究発表会に限り法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み/参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。


一般申込み
 お申込受付期間
 2021年6月17日(木)~7月14日(水)18時