学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第9巻第3号掲載

技術知の模倣・移転・創作 ─ オープン・パテント・イノベーションを目指して
Copy, Transfer and Creation of Technical Knowledge: Toward Open Patent Innovation


石井 正
Tadashi Ishii

日本知財学会誌 Vol.9 No.3 p.33-40(2013-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.9 No.3 p.33-40(2013-3-20)

<要旨>
技術知はさまざまな地域,組織,個人の間で模倣され,その模倣はまた次の創作の源泉にもなる.これまで技術知の幅広い利用が経済発展に寄与してきたが,蓄積型技術分野においてはそれら技術知は大量の特許権となり,排他権として他者の自由利用を排除する.革新技術は追随者には短期間に学習され,特許権者は特許によって新技術の先行者利益を享受することが困難になる.その結果,大量の排他権に埋め尽くされながら,特許によって先行者利益を獲得したとする成功神話が生まれないというジレンマに直面している.このためには特許権をすべて有償で実施許諾して,新技術の幅広い利用をすすめるオープン・パテント・イノベーションが推進されるべきである.
<Abstract>
Technical knowledge is copied and transferred between area, organization and personnel. The copy is the source of next creation. Technical knowledge has contributed for the economic development. In the field of cumulative technology, many of patents prohibit the free use of such technical knowledge by other people. The new technology will be copied in short time by running after company. The innovator who has a lot of patents cannot enjoy the innovator profit. The system is confronted with the problem of dilemma between lots of exclusive right and the poor of success story of innovator. The open patent innovation to make license with the reasonable condition should be considered for wide use of new technology.

<キーワード>
技術知,蓄積型技術,排他権,特許有償公開,クロス・ライセンス
<Keywords>
Technical Knowledge, Cumulative Technology, Exclusive Right, Open Patent, Cross License