学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第9巻第2号掲載

著作権の共有に関する一試論 -交渉の先送りとその後の対応策
An Approach to Joint Ownership of Copyright


金子 敏哉
Toshiya Kaneko

日本知財学会誌 Vol.9 No.2 p.16-23(2012-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.9 No.1 p.16-23(2012-12-20)

<要旨>
著作権法65条2項は共有に係る著作物の利用には全共有者の合意を必要とすることを定め,3項はその合意の成立を正当な理由なく拒んではならないとする.本稿はこの65条2項の趣旨と,分割請求権の意義および65条3項の解釈について検討をしたものである.本稿は著作権法65条2項につき,著作権の共有者が通常意図する権利関係(当面の利用の終了後,新たな利用機会が出現した場合には改めて協議する)をデフォルトルールとして採用した点を重視する.そして,その協議がまとまらない場合については,非排他的利用に関する合意につき原則他の共有者にその合意を拒む正当な理由はないとしつつも,利用を望む側も合意(を命じる判決)をへずに利用した場合には著作権侵害となるものと解し,排他的利用・不利用を望む共有者は分割請求権を行使すべきとの立場にたつ.
<Abstract>
Under the Japanese Copyright Act, each co-owner cannot use the work without unanimous agreement of all the co-owners. But each co-owner may not prevent the agreement without reasonable justification. This paper attempts to clarify the purpose of current law and to interpret “reasonable justification”. The author argues that current Copyright Act adopts the relation which co-owners generally intend to form as a default rule.

<キーワード>
著作権,共有,共同著作物,分割,デフォルトルール
<Keywords>
Copyright, Joint Ownership, Joint Work, Default Rule