学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第9巻第1号掲載

特許権と実用新案権における技術的範囲の限定度合の比較分析
The Comparative Study of Limitation Degree of Technical Scope between Patent Right and Utility Model Right

安彦 元、綾木 健一郎、片岡 敏光
Gen Abiko, Kenichiro Ayaki, Toshimitsu Kataoka

日本知財学会誌 Vol.9 No.1 p.67-76(2012-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.9 No.1 p.67-76(2012-9-20)

<要旨>
本研究では,技術的思想の進歩性が構成要素の限定度合とある程度の相関関係があるという前提の下で,特許権と実用新案権との間で技術的範囲の限定度合を比較し,これにより,特許法と実用新案法との間で進歩性の判断水準の差異を定量的に考察した.その結果,B65D(容器),F21S,F21V(照明),A43B(靴)の分野では,特許権の方が実用新案権よりも格成分数の平均値が明らかに大きく,技術的範囲の限定度合が高くなることが明確に示されていた.これに対して,A47C(椅子)やE04B(固定構造物)は,特許権の方が実用新案権よりも格成分数の平均値が大きいもののその差は僅かであった.したがって,特許法と実用新案法との間で,進歩性についての条文上の差が,実際の進歩性の判断に現れているのは一部の技術分野であり,全ての技術分野においては必ずしも現れていないことを定量的に検証することができた.
<Abstract>
The purpose of this study is to compare a limitation degree of technical scope between patent right and utility model right. I focused on the number of case compornet in grammatical case as quantitative parameter. I examined patent specification of patent right and utility model right the latest 5 years. The result clearly show that he number of noun phrase of patent right is larger than that of utility model right. But it show a marked trend to differ according to technical field.

<キーワード>
特許権,実用新案権,進歩性,格成分数,技術的範囲
<Keywords>
Patent Right, Utility Model Right, Inventive Step, The Number of Case Compornet, Technical Scope