学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第9巻第1号掲載

デジタル・トライアンギュレーションに関する一考察 -コンテンツの価値測定における新しい視点
A Study Concerning Digital Triangulation: A New Viewpoint in Measurements of Evaluating Digital Contents

久保 雅一
Masakazu Kubo

日本知財学会誌 Vol.9 No.1 p.13-23(2012-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.9 No.1 p.13-23(2012-9-20)

<要旨>
本稿では,コンテンツの価値の測定方法として「トライアンギュレーション(Triangulation)」を採用する.売上や利益のような客観情報に加えて,“消費者の主観情報”を経済的さらに文化的な評価視点から重ね合わせることで,鮮度の高いコンテンツの客観的な評価を導くことを考察する.特に,テキストマイニングのデジタル技術を駆使した「デジタル・トライアンギュレーション」の調査手法を使用し,コンテンツの価値算出について提唱する.
<Abstract>
In this document, “Triangulation” is adopted as a method of measuring the value of contents. In addition to objective information such as sales and profits, the study will analyze by compiling economic and cultural viewpoints with subjective information of consumers that will lead to a more objective evaluation of brand new fresh contents. It will advocate the method of calculating the value of contents, especially by using the research technique of “Digital Triangulation” that makes full use of the digital technology of text mining.

<キーワード>
デジタル・コンテンツ,トライアンギュレーション,デジタル・シュリンク,テキストマイニング,デジタル・トライアンギュレーション
<Keywords>
Digital Contents, Triangulation, Digital Shrink, Text Mining, Digital Triangulation