学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第8巻第3号掲載

知財制度とイノベーション: 日中韓の比較と相互協力のあり方
Growing Importance of Japan, Korea and China: Trilateral Cooperation in Intellectual Property System for Innovation


元橋 一之
Kazuyuki Motohashi

日本知財学会誌 Vol.8 No.3 p.52-59(2012-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.8 No.3 p.52-59(2012-3-20)

<要旨>
企業活動のグローバル化の進展によって,国際的な特許活動が進み,特許制度のハーモナイゼーションに対するニーズが高まっている.その中で重要性が高まっているのが日中韓の協力である.この3カ国の国際出願数は年々上昇してきており,最近では韓国や中国における出願人の技術的キャッチアップから,これらの国から日本への出願も多くなっている.つまり,3カ国特許制度のハーモナイゼーションは,日本だけでなく,韓国や中国における出願人にもメリットが大きい.また,日中韓の3カ国はエレクトロニクスやIT分野に技術競争力があるという共通点がある.従って,3カ国の制度的調和だけでなく,当該分野で問題になっているパテントトロールに対する対応など民間や学界レベルでの協力を行っていくことも重要である.
<Abstract>
In an era of globalization of business activity, the number of international patent application increases, and there is a growing need for international intellectual property system. A trilateral cooperation among Japan, Korea and China is particularly important not only for Japanese patent applicants, but also for Korea and Chinese ones, due to their technological catching up. We can find a commonality in innovation system for the three countries, such as relative strength in electronics and information technology sectors, so that mutual cooperation should take place not only in harmonization of patent system, but in exchanges of views among industry and academic circle for common IP related issues, such as dealing with patent troll.

<キーワード>
ナショナルイノベーションシステム,国際特許出願,日本,韓国,中国
<Keywords>
National Innovation System, International Patent Application, Japan, Korea, China