学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第8巻第2号掲載

東北における高等専門学校の知財活動 ─ これまでの活動と震災復興へ向けてのプロジェクト
On the Activities about Intellectual Property of National Colleges of Technology in Tohoku Area:
On the Activities and the Projects for Recovery and Evolution from Earthquake Disaster


内海 康雄、佐々木 伸一
Yasuo Utsumi, Shinichi Sasaki

日本知財学会誌 Vol.8 No.2 p.29-34(2012-1-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.8 No.2 p.29-34(2012-1-20)

<要旨>
平成20年度より仙台高専を拠点校として東北6高専の知財活動を活性化するプログラムがスタートした.それまでに,各高専のテクノセンター間では産学官連携などの組織ができ上がっており,本プロジェクトでもその組織を活用した結果,地元企業・官公庁との連携,教職員への知財研修,学生への知財授業などにおいて様々な成果が出ている.平成23年3月の東日本大震災においても,これらの連携を活用し,知的財産権面などにおいて地域企業の支援を行うことで復興の一助となるべく活動を続けている.
<Abstract>
The program that stimulates the activities concerning to intellectual property of six Kosen in Tohoku area, Sendai Kosen as the hub, has started in 2008. The network of the regional technology centers was constructed until the program starting and its utilization resulted in the cooperation with private companies and local bodies, the courses to staffs on intellectual property, the lectures to the students, etc. For the quake disaster on 2011 March, the reconstruction is undergoing with the network.

<キーワード>
知的財産,高専,東北,震災復興
<Keywords>
Intellectual Property, Kosen, Tohoku Area, Earthquake Disaster Reconstruction