学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第8巻第1号掲載

特許権侵害訴訟におけるリターン(勝訴)及びリスク(敗訴)の技術的範囲の広さによる定量的検証
The Quantification of Risk and Return in Infringement Suit Based on the Extent of Technical Scope


安彦 元
Gen Abiko

日本知財学会誌 Vol.8 No.1 p.88-99(2011-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.8 No.1 p.88-99(2011-10-20)

<要旨>
本研究では,「特許権侵害訴訟における勝訴リターンに対する敗訴リスク(敗訴(無効)or 敗訴(逸脱))の関係は,技術的範囲の広さにより支配される」という仮説をあくまで定量的に検証するため,特許法第104 条の3が施行された後の5年間の裁判に焦点を当て,実例分析を行った.その結果,1)格成分数が大きくなるにつれて,勝訴率は低くなる.2)敗訴の割合は,格成分数が大きくなるにつれて無効で敗訴となる敗訴(無効)の割合が小さくなり,敗訴(逸脱)の割合が大きくなる.但し,格成分数が大きくなるほど必ずしも敗訴(逸脱)になるとは限らず,敗訴(無効)になる場合もあることも示唆された.このため,特許発明の技術的範囲の広狭が,勝訴,敗訴(逸脱),敗訴(無効)と相関関係があることが上述した結果から定量的に示された.
<Abstract>
The purpose of this study is to examine below hypothesis “The nullification risk in suit correlate with extent of technical scope”. I focused on the number of noun phrase in grammatical case as quantitative parameter. I examined infringement suit the latest 5 years. The result clearly show that 1) the larger the number of noun phrase, the lower a percentage of wins of infringement suit, 2) the larger the number of noun phrase, the higher a percentage of no infringement.

<キーワード>
特許権侵害訴訟,技術的範囲,格成分数,リスク,定量化
<Keywords>
Infringement Suit, Technical Scope, The Number of Noun Phrase, Nullification Risk, Quantification