学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第8巻第1号掲載

日本企業のデザインマネジメントの現状
─ 平成20年度「民間企業の研究活動に関する調査」より
Design Management in Japanese Firms: From the Survey on Research Activities of Private Firms


長谷川 光一
Koichi Hasegawa

日本知財学会誌 Vol.8 No.1 p.32-39(2011-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.8 No.1 p.32-39(2011-10-20)

<要旨>
近年,競争優位の源泉としてデザインの重要性が指摘される一方,企業内部のデザイン活動の実態は十分に明らかであったとは言いがたい.平成20年度に実施した統計調査により,研究開発活動を実施する企業におけるデザイン活動の実態を明らかにする事を試みた.意匠に関するデザイン活動は6割,インターフェースに関するデザイン活動は4割の企業で実施されている.半数の企業ではデザイン活動は研究開発部門内に配置されている.企業規模の拡大に伴いデザイン担当部署は研究開発部門と独立して設置される傾向が見られるが,研究開発活動とデザイン活動は密接な関係を有していることが示唆される.
<Abstract>
The importance of design as a source of competitive advantage is pointed out. However, there was no statistics to know how Japanese firms treat design activity. This paper shows the result of survey on research activities of private firms.
Result shows that 62.6%firms are executing ‘design activities related to the appearance of products’, and 46.0% firms executing ‘concepts related to the interface between products and the outside world’. About 40% of firms set their design function in R&D division. These structure indicates that there is a strong relationship between design activity and R&D activity.

<キーワード>
デザインマネジメント,研究開発活動とデザイン活動,デザイン活動の組織構造,デザイン投資
<Keywords>
Design Management, Relationship between Design Activity and R&D Activity