学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第8巻第1号掲載

意匠の類似 -我が国における判断手法と判断主体
Similarity of Industrial Designs: How and Who Judge the Similarity of Industrial Designs in Japan


中川 裕幸
Hiroyuki Nakagawa

日本知財学会誌 Vol.8 No.1 p.24-31(2011-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.8 No.1 p.24-31(2011-10-20)

<要旨>
2つの意匠が「似ている」「似ていない」など所詮は主観であろうという考えも当然有り得る.しかし,我が国の意匠法を読み直せば,全88条文(77条文+枝条13条文-削除2条文)中,26条文に「類似」が登場し,その多くが意匠権の範囲や登録要件にかかわる重要条文である.したがって,「類似」を主観で判断していては,意匠権の行使や意匠の登録は公平性を失し,我が国の意匠法は成り立たなくなってしまうといっても過言ではない.明治22年の意匠条例の制定から今年で122 年が経過するが,我が国では,長年の議論の結果,特許庁,裁判所,学者,弁理士などの実務家が「類似」判断についての客観的な基準を構築するに至っている.今回は,我が国の意匠の「類似」判断システムについて総括してみたいと思う.
<Abstract>
Similarity between two industrial designs is difficult work to decide. If this decision is done subjectively by every person, a system for design protection under the design law would not function. Japanese system for design protection has a history of 122 years, and criterions how and who judge the similarity between designs have been established by prosecution in Japanese Patent Office and courts decision for industrial designs.

<キーワード>
意匠の類似,物品の類似,形態の類似,類似の判断手法,類似の判断主体
<Keywords>
Similarity of Design, Similarity of Applied Goods, Similarity of Configuration, Method for Judgment, Judgment Subject