学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

「パブリシティの権利」の再定位
Reorienting the “Right of Publicity”

千葉 邦史
Kunifumi Chiba
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.75-89(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.75-89(2011-3-20)

<要旨>
「パブリシティの権利」の侵害が成立するための要件について,これまで理論的な説明は必ずしも十分になされてこなかった.本稿は,「パブリシティの権利」を人格権として構成できるのは,第三者による氏名・肖像等の冒用が,本人の意に反してその人格に新たな属性を付加する態様である場合にとどまることを明らかにする.そして,本人による利用との競業を理由として差止めが認められるのは,不正競争防止法の定める要件を充足する場合に限られるべきであり,それ以外の場合には,冒用者の行為態様に自由競争の逸脱が認められる限りで,民法上の不法行為に基づく損害賠償を認めるべきことを示す.
<Summary>
Under Japanese law, the nature of the Right of Publicity has been a controversial issue. This article argues that its scope justified by human dignity does not cover appropriation of commercial value without any misconceptions about the celebrity’s endorsement. In such a case, although damages may be sought under tort laws in the Civil Code, injunctive relief should not be granted unless requirements of the Unfair Competition Prevention Act are satisfied.

<キーワード>
パブリシティの権利,人格権,プライバシー,不正競争防止法,不法行為
<Keywords>
Right of Publicity, Rights to Dignity, Privacy, Unfair Competition Prevention Act, Tort Laws in the Civil Code