学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

デジタル・シュリンクのメカニズムに関する考察 -デジタル化がもたらすコンテンツ産業の縮小現象の解明
Study on the Mechanism of Digital Shrink: Elucidate the Reduction of the Contents Industry Caused by Digitalization

久保 雅一
Masakazu Kubo
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.52-67(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.52-67(2011-3-20)

<要旨>
本稿の目的は,デジタル化の現状をコンテンツ産業の分野ごとに整理し,デジタルコンテンツへの移行がもたらす功罪,特にメディアではあまり話題にならない罪のパート(デジタル・リスクdigital risk)が引き起こすコンテンツ産業の市場規模の縮小(デジタル・シュリンクdigital shrink)のメカニズムを明らかにすることである.考察の結果,デジタル・シュリンクのメカニズムは,以下のような構造となっていた.コンテンツのデジタル化が①コンテンツの低単価化もしくは無料化,②ネット上の違法コンテンツの多発,③新興ネットメディア企業との競合という3つのデジタル・リスクをもたらし,これらのデジタル・リスクがパッケージ販売の減少,ひいてはコンテンツ制作の資金環流・再生産の不活性化という悪循環を引き起こしている.これがコンテンツ産業の市場規模縮小化のメカニズムである.
<Summary>
The purpose of the study is to shed light upon a mechanism of the “Digital Shrink” that is caused by the merits and demerits, especially the demerit that is not talked at all in media, the “Digital Risk” by categorizing the current situation of the digital contents industry. The study shows that the mechanism of the digital shrink as follows:
The digital risks are: 1) Provide content for low cost, or free of charge, 2) Frequent occurrence of illegal content, 3) Threats and of new entities.
Digital Risks mentioned above cause the decrease in sales of packages. Moreover, the digital risks cause low attraction of the return of capital, and work poorly on reproduction.
This is the mechanism of Digital Shrink.

<キーワード>
デジタルコンテンツ,違法コンテンツ,Google,デジタル・リスク,デジタル・シュリンク
<Keywords>
Digital content, illegal content, Google, digital risk, digital shrink