学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

コンテンツ産業の成立過程とプラットフォーム競合時代
The Formation Process of Content Industry and the Competition of Platforms


福冨 忠和
Tadakazu Fukutomi
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.35-42(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.35-42(2011-3-20)

<要旨>
1990年代,メディアや通信の分野に新しいビジネスモデルが登場した.21 世紀初頭に至り,それは産業領域を形成した.2000年からの10年,クリエイターと企業は作品の創造性を競い合うことで世界から「クールジャパン」と評価される「コンテンツの時代」が成立した.しかし,現在,日本のコンテンツ産業が直面するのは,コンテンツの調達コストが最小化され,内容ではなく配信方法で再競合する「プラットフォーム競合の時代」である.
<Summary>
In the 1990s, there was emergence of new business models in the field of media and telecommunications. The early 21st century, it was established as the content industry. 10-year period from 2000 was good for this industry. In the market, creators and companies competed to be creative. As a result, the content industry was growing.
But now, new business models are thinking it is risky to invest in the content. The industry is faced with competition among platforms. There, content procurement costs are minimized.

<キーワード>
コンテンツ,ウィンドウモデル,グッドウィルモデル,プラットフォーム
<Keywords>
Content, Windowing Model, Goodwill Model, Platform