学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

国会図書館法を改正し,投稿機能付きの全メディア・アーカイブと権利情報データベースを始動せよ
Establishment of the Posting-Type All Media Archive Equipped with the Rights-Information Database

福井 健策
Kensaku Fukui
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.26-34(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.26-34(2011-3-20)

<要旨>
現在,情報世界を席巻するプラットフォームは,ほぼ米国系で占められたと断言して良い.EUは2008年,統合電子図書館「ユーロピアーナ」を立ち上げた.背景にあるのは文化の集積と流通をめぐるシビアな戦略的思考であろう.日本にも数多くの野心的なアーカイブの試みがあるが,「収集の壁」「権利処理の壁」「統合の壁」に苦しむ.
本稿では,一種の思考実験として,日本が中期的に目指すべきと思える文化アーカイブのプロジェクト案を提示する(図3参照).それは,文献・画像・映像などを横断する全メディア・アーカイブであり,通常の収集に加えて投稿機能を備える.ディジタル収録された作品が市販中の場合,権利登録データベースに登録した権利者が「公開」と指定しない限りは配信されないが(オプトイン),非市販・権利者不明と判別された場合には,6カ月以内に権利者が「非公開」を指示しなければ配信される(オプトアウト).視聴は有料とし,対価は権利者が自由に指定できる.
<Summary>
Platforms sweeping information world have been almost dominated by the U.S. types, while EU launched “Europeana”, the integrated huge electronic library. In Japan, however, many ambitious attempts to launch archive have suffered from “collection”, “rights-processing” and “integration” obstacles. This article will introduce a pilot culture archive considered as the one Japan should aim for. Covering various media, this archive includes collecting and posting functions. The distribution of contents is subject to conditions such as the designation by a right-holder about the contents (Opt-in and Opt-out). Viewing contents is fee-based and the consideration paid to the right-holder is selectable.

<キーワード>
アーカイブ,権利情報データベース,電子図書館,グーグル,著作権
<Keywords>
Archive, Information Database of Rights, Electronic Library, Google, Copyright