学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

映像作家にとってのデジタルコンテンツと文化
Digital Contents and Culture for Filmmakers

安藤 紘平
Kohei Ando
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.12-21(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.12-21(2011-3-20)

<要旨>
現在,表現の領域からコストに至るまでデジタル技術を扱うことによって生み出される映像制作の新しい可能性は,計り知れないものがある.
しかし,一方でデジタル技術やネットワークの急速な発達に社会の考え方や法整備が追いついておらず,経済優先の考え方が,ともすればクリエイターの意欲を阻害し,権利を侵害して,新たな表現者の育成や産業発展の障害にもなっている.著作権制度についても,文化を保護し育成する根幹の思想がなく,経済効果優先で知財のあり方を考えていると,やがて文化の空洞化が起こる.
世界中が新しい価値観を模索する流れの中で,コンテンツの中心的な存在である映画の著作権制度の現状を歴史的検証から把握し,日本古来の美意識や文化が新しいクリエイターによって新しい表現として生まれ変われるような創造的社会を再生すべく,これからの知財のあり方を考察する.
<Summary>
Picture creation employing digital technology involves immeasurable potential, but the idea in society and laws have not caught up with the rapid development of digital technology, and current economy-centered idea is apt to inhibit motivation of creators and violate their rights. Concerning intellectual property, the idea lacking fundamental concept to protect and grow culture will eventually hollow culture. This article will review current situation of the copyright of movies dominant as contents and examine how intellectual property will have to be in order to regenerate a creative society.

<キーワード>
映画の著作権,「映画監督って何だ!」,クリエイターの権利,デジタルとフェアユース,デジタルコンテンツと分化
<Keywords>
Copyright of Movies, “Cut !”, Rights of Creators, Digital and Fare-use, Digital Contents and Culture for Filmmakers