学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第3号掲載

若手産学連携実務者の活動のモデル化と評価
Modeling and Evaluation of Activities of University-industry Collaboration Administrators


金間 大介
Daisuke Kanama
日本知財学会誌 Vol.7 No.3 p.101-110(2011-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.3 p.101-110(2011-3-20)

<要旨>
1990年代後半から多くの産学連携関連施策が施される中で,産学連携活動に携わる人材の育成・確保は常に最重要項目の1 つとして扱われ,この10年間で多くの若手人材が産学連携活動に従事するようになった.産学連携活動の業務は非常に多様で,求められる能力も多岐にわたる.このような中,若手産学連携実務者の活動理解や評価は,依然として曖昧な状態が続いている.また,国立大学における若手産学連携実務者の多くは任期付であるにもかかわらず,彼らの活動の多くにおいて定量的・客観的な評価は難しい.本稿では,知識創造の一基本モデルである「SECI モデル」をベースとして,産学連携活動のプロセスの客観的理解を試みた.また,各プロセスと産学連携実務者に求められる能力を整理し,専門職としての活動評価方法について検討した.
<Summary>
Human resource development on university-industry (U-I) collaboration activities has been one of the most important measures in science and technology policy in Japan. Their activities cover various services. However, the evaluation system of the U-I collaboration administrators still leave a lot of ambiguities. Their activities are not quantitative but qualitative although most of their employment statuses in national universities are temporary. This paper attempts to draw out a modeling process of the U-I collaboration activities and examine an evaluation method of the young administrators.

<キーワード>
産学連携,若手人材,活動評価,SECIモデル
<Keywords>
University-industry Collaboration, Human Resource Development, Activity Evaluation, SECI Model