学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第2号掲載

戦略的アライアンスとしてみた研究開発コンソシアムにおける組織間関係
Inter-organizational Relation in Research and Development Consortium as a Strategic Alliance


渡部 俊也
Toshiya Watanabe

日本知財学会誌 Vol.7 No.2 p.35-44(2010-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.2 p.35-44(2010-11-20)

<要旨>
研究開発コンソシアムがどのような構造と機能を有しているのかについて,オープンイノベーションに対応した知財マネジメントのモデルと戦略的アライアンスのフレームワークを用いて理解することを試みた.研究開発コンソシアムは,パテントプールやパテントコモンズなどと同じくオープンな知財マネジメントモデルの一種としてとらえることができる.質問票調査が示すところは,研究開発目的の明確化や,知的財産面での条項を中心としたコンソシアムが行う取り決めを緻密に設計合意することに加え,変化に対する柔軟な対応能力がコンソシアムの成果に大きな影響を及ぼしていることが示されている.これらの考察は,個々の参加組織の利害に大きく影響する組織間の戦略的関係性を,研究開発コンソシアムに共通する規約を通じて獲得する知的財産マネジメントとして認識すべきである.
<Abstract>
Research and development consortium is analyzed by strategic alliance perspective. Management to establish research and development consortium can be viewed as one of an open IPR management model which can describe the structures of patent pool and patent commons. Empirical analysis on R&D consortium shows that well designed policies, contracts and flexibility to apply the consortium structure for R&D purposes are significant factors to affect on performance of the R&D consortium. It shows R&D consortium management is an IP management to utilize rules and policies which are shared among consortium members to obtain desired inter-organizational relationships.

<キーワード>
研究開発コンソシアム,戦略的提携,オープンイノベーション,実証分析,組織間関係
<Keywords >
A R&D Consortium, Strategic Alliance, Open Innovation, Empirical Analysis, Inter-Organizational Relation