学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第2号掲載

コンテンツビジネスに関わる契約の創造的選択肢が戦略的な提携に及ぼす影響
-コンテンツマネジメントの交渉学
The Creative Option Containing the Contract Terms Have an Influence on the Strategic Alliance between Negotiation Partners: Negotiation Theory of Contents Management


田中 康之
Yasuyuki Tanaka

日本知財学会誌 Vol.7 No.2 p.26-34(2010-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.2 p.26-34(2010-11-20)

<要旨>
コンテンツビジネスに関わる契約条件の創造的選択肢が,戦略的な提携に及ぼす影響はどの程度なのであろうか.コンテンツマネジメントにおける交渉とは何を対象とするのだろうか.本論文ではコンテンツマネジメントにおける交渉の有用性がどのような場面で現れるかを検討し,合意形成による効果を比較分析・評価した.コンテンツは権利の束であり,さまざまな著作者と著作権者の権利から成り立っている.これらの権利をマネジメントするのが,プロデューサーの役割である.しかしながら,コンテンツの流通が複雑化することにより,権利処理も複雑化してくる.複雑な権利処理を知的財産法などに従って交渉するためには,我々が研究する「交渉学」が必要となる.
<Abstract>
Does the creative option containing the contract terms have an influence on the strategic alliance between negotiation partners? What are the steps of negotiation in content management? The main thesis considers in what situations does the efficacy of the negotiation involved in content management appear, and comparatively analyzes and evaluates the results of consensus building. Content is a bunch of rights assembled from the rights of various authors and copyright holders. Managing these rights is a function of the producer. However, content distribution can complicate negotiation and increase the amount of necessary copyright clearance. To negotiate for complicated rights clearance in accordance with intellectual property law, studying negotiation theory is a necessity.

<キーワード>
交渉学,創造的選択肢,コンテンツマネジメント,二次利用,コンテンツプロデューサー
< Keywords >
Negotiation Theory, Creative Option, Content Management, Secondary Use, Contents Producer