学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第2号掲載

交渉力の格差に関する法的分析 ―経済法と交渉学の視点から
Legal Analysis on Negotiation Disparities: From Antitrust and Negotiation Viewpoints


隅田 浩司
Koji Sumida

日本知財学会誌 Vol.7 No.2 p.4-10(2010-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.2 p.4-10(2010-11-20)

<要旨>
交渉力の格差について,事後的に法的に介入し, その是正を図るという規制手法は,市場における競争に不当に介入する危険性を有している.本来,規制すべきではなく,事業者間の取引の自由にゆだねるべき問題に対する過剰規制を回避するためには,交渉力の格差に対する事後的介入,あるいは事前規制の正当性の根拠をどこに求めるべきかを明確にする必要があるといえる.この問題について,独占禁止法では,交渉力の格差に対する法的介入の根拠を,当事者間の利害の調整,すなわち当事者間の公正さや厚生,正義感覚に依拠するのではなく,市場への影響を考慮し,その正当性の根拠を見いだしている.本稿は,この規制手法の現状と課題を抽出する.
<Abstract>
This Article reviews that the Antitrust regulation to the disproportion that occurs because of the difference of the bargaining power. The over-regulation to the negotiated outcome encroaches on the freedom of contracts. When the adverse effect on the competition exists, Antimonopoly Law intervenes the negotiation disparities. The law doesn’t restrict the difference of the bargaining power because of the interests adjustment between persons concerned.

<キーワード>
交渉学,クリエイティブ・オプション,独占禁止法,ライセンス契約,非係争条項
<Keywords >
Negotiation, Creative Option, Antimonopoly Act of Japan, License Agreements, Non-Assertion of Patent Covenant