学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第1号掲載

有効活用性に影響を及ぼす特許請求の範囲への意思決定の分散に関する研究
The Study of Variance of Decision Making to Claim Influence on Usefulness


安彦 元、田中 義敏
Gen Abiko, Yoshitoshi Tanaka

日本知財学会誌 Vol.7 No.1 p.54-67(2010-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.1 p.54-67(2010-8-20)

<要旨>
本研究では,特許請求の範囲の記載を最適化するための意思決定マネジメントを行う上で,a)当初の特許請求の範囲に基づく技術的範囲の広さの度合(LD1),b)出願から権利化に至るまでの技術的範囲の変動量(CLD)を制御対象として着目し,その分散が,取得した特許発明の技術的範囲が実施品の構成を包含し得る可能性(特許の有効活用性)に影響を及ぼすことを仮説として掲げ,これを検証すべく,実際の電気機器メーカーを例にとり,出願人の意思決定が反映されるLD1,CLD の分散が,特許の有効活用性を決める指標としてのLD2に対していかなる影響を及ぼすか実例分析を行った.その結果,LD1の分散が大きくなるにつれて,またCLDの分散が大きくなるにつれて,LD2平均値,CLD平均値が高くなり,有効活用性に影響が及ぶことが分かった.
<Abstract>
The purpose of this study is to suggest a scheme of management of decision making. We used two index, the number of noun phrases in grammatical case (LD1) and change degree of LD1 from application to patent (CLD). In case study of electric equipment maker, the result clearly show that coefficient of correlation between LD1 and CLD was minus. It was found from the result that the larger variance of LD1 and the larger variance of CLD, the higher average of LD2 and CLD.

<キーワード>
特許請求の範囲,技術的範囲,有効活用性,分散,格成分数
<Keywords>
Claim, Technical Scope, Decision Making, Variance, umber of Noun Phrases