学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第1号掲載

M&Aに伴う企業境界の変化が研究開発に及ぼす影響 -「民間企業の研究活動に関する調査」による概観
The Impact of Changes in Firms’ Boundaries with M&A on R&D: New Evidence from Survey on Research Activities of Private Corporations


永田 晃也、篠﨑 香織、長谷川 光一
Akiya Nagata, Kaori Shinozaki, Koichi Hasegawa

日本知財学会誌 Vol.7 No.1 p.45-53(2010-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.1 p.45-53(2010-8-20)

<要旨>
M&Aに伴う企業境界の変化が研究開発に及ぼす影響に関する分析は,両者の関係を捉えるためのデータの制約という問題に立ち塞がれてきた.筆者らは,この問題を解決するため,科学技術政策研究所において新たな調査データの整備に取り組んできた.本稿は,その調査結果に関する速報である.この調査データにより,M&Aのタイプ別に研究開発の組織や環境に及ぼす影響を分析することが可能になった.
<Abstract>
An analysis of the impact of changes in firms’ boundaries with M&A on R&D have been prevented by a limitation on usable data to understand those relations. Authors have made an effort to develop a new survey at National Institute of Science and Technology Policy for overcoming the limitation. This paper is an early report of the results of the survey. The survey provides the data for an analysis of the impacts of the various types of M&A on the organizational and environmental factors of R&D.

<キーワード>
M&A,企業の境界,研究開発,イノベーション
<Keywords>
M&A, Boundary of the Firm, R&D, Innovation