学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第1号掲載

医薬品産業におけるM&Aが研究開発・知的財産活動に与える影響
The Impact of M&A on R&D and Intellectual Property Management in the Japanese Pharmaceutical Industry


大西 宏一郎、永田 晃也
Koichiro Onishi, Akiya Nagata

日本知財学会誌 Vol.7 No.1 p.37-44(2010-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.1 p.37-44(2010-8-20)

<要旨>
本稿では,日本の製薬企業同士による合併が,企業の研究開発活動や知的財産活動にいかなる影響を与えたのかを統計的に分析した.分析では,企業の研究開発費は,重複する製品分野が多い企業同士の合併に限って増加するものの,特許出願件数や保有特許を削減する方向に作用することが明らかとなった.
<Abstract>
In this paper, we investigate empirically the impact of the M&A on the R&D expenditure and intellectual Property management in Japanese pharmaceutical industry. We find that the only Merger between firms with same therapeutic areas induce to increase their R&D expenditure but to decrease patent application and acquisition.

<キーワード>
M&A,医薬品産業,研究開発,知的財産
<Keywords>
M&A, Pharmaceutical Industry, R&D, Intellectual Property Management