学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第7巻第1号掲載

合併は技術開発・利用能力を高めるか?
Do Mergers Improve the Capabilities of Developing and Using Technology?


山内 勇、長岡 貞男
Isamu Yamauchi, Sadao Nagaoka

日本知財学会誌 Vol.7 No.1 p.14-27(2010-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.7 No.1 p.14-27(2010-8-20)

<要旨>
本稿の目的は,合併が企業の技術開発力や技術利用能力に与える影響を実証的に明らかにすることである.分析の結果,技術開発力の指標である研究開発費や特許出願件数と,技術利用能力の指標として作成した事前発明審査請求率(合併前に出願された発明の審査請求率)は,合併によって大きく低下することが分かった.そして,その低下の大部分は,マーケットシェアや事業資産の減少で統計的に説明できることが明らかになった.グループ企業同士の合併や対等な立場での合併にも同じことが当てはまり,その負の効果は特に前者で強いことが示された.
<Abstract>
This paper examines the impacts of merger on the firm’s capabilities of developing and using technology. We find that the merger has negative effects on the firm’s R&D expenditure, patenting activity, and the probability of using the inventions applied for a patent before the merger. These negative effects can be explained well statistically by the decreases of the market share and the size of business asset due to the merger. We also find that the same model is applicable to the merger with the affiliated company and that among equals (the negative effect is larger in the former).

<キーワード>
合併,研究開発,特許,審査請求
<Keywords>
Merger, R&D, Patent, Examination Request