学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第3号掲載

生産概念よる消尽論の再構成
Reconsideration of Exhaustion Doctrine the So-Called “Production” Activities in the Patent Law

村上 恭一
Kyoichi Murakami

日本知財学会誌 Vol.6 No.3 p.46-64(2010-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.3 p.46-64(2010-3-20)

<要旨>
特許権侵害事件において,生産は鍵となる概念である.しかしながら,生産とはどのような行為であるのかについての議論は従来十全であったとは言い難い.本稿では,知的財産権を化体させる生産とは,知的財産権を媒体に転写する行為であると仮説的に定義し,本問題を探求する.本稿は,消尽論・民法学の附合概念・米国特許法判例・生産に関する経営学研究における「ものづくり」概念を援用しながら,生産概念について議論を深耕し,結果,消尽論における生産概念に関して新たな視角を得るものである.本稿が明示化した消尽の要件は過去の研究において「一般論を立てるのに困難である」とされてきた課題である.この課題に,取引社会における取引客体を中心に据え消尽要件と効果,知財流通において,新たな生産と見なされる消尽の例外要件を考察することによって,知財流通を円滑にさせるために必要な法的要件を明確にすることを目的としている.
<Abstract>
What operation is the so-called “production” activities in the patent law? This is a point where serious issue about the effectiveness of patents has arisen. This paper is deliberate the discussion of the “production” concept in the patent law.
In this issue, this paper cite from the production concept the so-called “monozukuri” concept from the business administration research. In accordance with the result of the study, this paper defines the hypothesis that production transfer the intellectual property right to a product. The key to the solution of the issues are the concept of inherited metamorphosis and the inherent copy.

<キーワード>
消尽論,知財流通,新たな生産,承継透写,遺伝透写
<Keywords>
Exhaustion, Intellectual Property Right in Distributions Sector, Reconstruction, Inherited Metamorphosis, Inherent Copy