学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第3号掲載

意匠データベースの構造と活用に関する考察
A Study on the Structure and Use of Design Databases


橋本 正洋
Masahiro Hashimoto

日本知財学会誌 Vol.6 No.3 p.37-45(2010-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.3 p.37-45(2010-3-20)

<要旨>
意匠権の審査に重要な役割を果たす意匠データベースは,意匠出願資料,さらには,雑誌,インターネット等に発表されている意匠公知資料,外国意匠公報等からなっている.これらデータベースは意匠権の審査,審判ばかりでなく,ユーザーによる新たな意匠の開発にとっても極めて重要であるが,その活用は限られている.これは,登録された意匠権に関するデータベースは公開されているが,そうでない資料(審査中あるいは拒絶査定が確定した案件)は対外的に公開できず,また意匠公知資料については著作権の問題により公開が制限されているためである.本稿では,意匠データベースに関する現状と課題を明らかにするとともに,その活用に向けた方策に関する考察を行う.
<Abstract>
Design databases, which contain domestic design application documents, design public known documents published in magazines, catalogues and internet files, and foreign design gazettes, have a significant role in examination of design right. Although these databases are extremely important for developments of new design by users as well as for examination and trial of design right, use of them are limited. This is because only registered design gazettes are published, and application data which are under examination or finally rejected are not published. Furthermore, publication of database of design public known documents is restricted because of their copy right.
This article is bringing out the current status and issues on design databases and also discussing how to activate use of them.

<キーワード>
意匠権,著作権,フェアユース,データベース
<Keywords>
IP Policy, Design Patent, Copy Right, Fair Use, Database