学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第3号掲載

特許データベースに見る必然性とその利用の可能性 ─グローバルな視点での知財情報比較
Requirement of Patent Database and its Useful Capability: IP Information Analysis on Global View

褚 冲
Chong Chu

日本知財学会誌 Vol.6 No.3 p.28-36(2010-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.3 p.28-36(2010-3-20)

<要旨>
世界の特許を包括的に調査し分析を行う際には,海外の特許情報の持つ特殊性を認識してつくられている特許データベースの構成やインデックスの特長を理解して活用することが重要である.本稿では,グローバルな特許情報の特徴を考察し,その複雑な側面を克服するためにデータベースに要求される必須条件について述べる.さらにはトムソン・ロイター社の特許データベースの事例を示してさまざまな視点からの分析の可能性を探る.
<Abstract>
Knowing peculiar characteristics of global patent is a key for comprehensive research and analysis upon global patent. Thomson Reuters’ patent database covers requirement to overcome complexity of nature of global patent search and analysis.

<キーワード>
特許情報,特許データベース,技術動向調査,特許解析,テキストマイニング
<Keywords>
Patent Information, Patent Database, Patent Analysis, Technology Trend Research, Text Mining