学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第3号掲載

特許データベースを用いた技術開発戦略分析 ─東芝のDVD 技術について
Technology Development Strategy Using Patent Database: Toshiba’s DVD Technology


小田 哲明
Tetsuaki Oda

日本知財学会誌 Vol.6 No.3 p.22-27(2010-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.3 p.22-27(2010-3-20)

<要旨>
企業による特許活用の場が広がっている環境の下,特許を経営資源として活用するために,効果的な特許戦略を策定することが重要な課題となっている.特許戦略を策定する上で,特許データベースから得られる情報は有益である.特に,絶対的な評価が困難である知的財産の評価において,膨大な特許データベースから一定の傾向を分析することは意義がある.本研究では,特許データベースを用いた技術開発戦略分析を提案・検証する.
<Abstract>
To develop an effective patent strategy is significant key to utilize patents as managerial resource in a circumstance where companies promote patent utilization. In the case to develop effective patent strategy, information from patent database is beneficial. Especially, it is more beneficial to evaluate IP and analyze relative tendency from massive patent data because IP inherently unfits for absolute evaluation. The purpose of the present research is to propose and examine technology development strategy analysis.

<キーワード>
MOT,技術開発戦略,特許価値評価,特許データベース,イノベーション
<Keywords>
MOT, Technology Development Strategy, Patent Evaluation, Patent Database,Innovation