学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第3号掲載

特許と論文のリンケージによるJST事業成果分析
Evaluation of JST’s Research Performance Based on Linkage between Papers and Patents


治部 眞里、國谷 実
Mari Jibu, Minoru Kuniya

日本知財学会誌 Vol.6 No.3 p.13-21(2010-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.3 p.13-21(2010-3-20)

<要旨>
イノベーション測定手法の1つとして,特許と論文のリンケージに注目が集まっている.科学技術振興機構(略称JST)においては,イノベーション創造を推進するファンディングエージェンシーとして,中期目標上,科学技術政策の投資効果や評価の情報発信を定めている.そこで,JST事業の成果がイノベーションの創造にいかに寄与しているかを,科学論文と特許との連関を分析し可視化する評価システムを構築した.本論においては,論文および特許のリンケージ等の定量的測定を基に,JSTが過去に支援した研究課題の成果について分析した事例について紹介する.
<Abstract>
Tracing the citation linkage between patents and scientific research papers is gaining increasing attention as a means of measuring innovation. Japan Science and Technology Agency (JST), as the Funding Agency for promoting technology transfer and innovation, has a mission to provide information on the effect of investments made under its science and technology policies and on evaluation of such policies. JST forged an evaluation system for the contribution of basic science to technology by tracing the citation linkage between patents and scientific research papers. This article analyzes research derived results from JST R&D investment based on those citation linkages.

<キーワード>
サイエントリンケージ,研究評価,論文,特許,科学,技術
<Keywords>
Science Linkage, Research Evaluation, Papers, Patents, Science, Technology