学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第2号掲載

事前規制としての現行特許制度のあり方に係る経済学的分析
Economic Review for Ex-ante Regulations Applied in Patent System


北田 透
Toru Kitada
日本知財学会誌 Vol.6 No.2 p.49-66(2010-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.2 p.49-66(2010-2-20)

<要旨>
現行特許制度は,特許製品の市場での評価について一切関心を払うことなく,特許料と存続期間という2つの規制により,特許権者の独占権に一定の制約を与えている.市場で多様な評価を受ける特許製品に関してこうした事前の一律規制が特許権者の発明意欲にどのような影響をもたらしているのかについて余剰分析によって調べた結果,現行制度下では,価格弾力性の小さいもの又は特許製品が陳腐化する速度の高いものほど,特許権者の期待利潤が小さくなり発明の意欲に影響を与えている可能性があることが分かった.こうした結果は,事前の一律規制であっても,きめ細かい特許制度が設計される必要があることを示唆するだけでなく,特許料制度のあり方についても政策的観点からその意義を問うものである.
<Summary>
Japanese patent law gets patent right under control by duration and renewal fee in exchange for protect patent right for inventors. I suppose this uniform regulation in advance might promote specific classes of patent productions, which I examined by surplus analysis. According to the result, patent regulation has a possibility for inventors to be lead to invent price-elastic or non-obsolescence patent productions, because inventors should maximize estimated profits from these productions. This means ex-ante regulations applied in patent system should be designed by product segmentation finely because estimated profits are different from each other.

<キーワード>
特許制度,存続期間,特許料,余剰分析,法と経済学
<Keywords>
Patent System, Patent Duration, Renewal Fee, Surplus Analysis, Law and Economics