学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第2号掲載

意匠・デザイン戦略と弁理士
Design Strategy and Patent Attorney


外川 英明
Hideaki Togawa
日本知財学会誌 Vol.6 No.2 p.38-46(2010-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.2 p.38-46(2010-2-20)

<要旨>
企業等における意匠・デザイン戦略とは,当該企業の事業遂行上,独自の意匠・デザインを創作して,これらに関する知的財産を取得・確保し,市場における当該企業の競争優位性を確立・持続するものである.そして特に重要なことは,意匠・デザイン戦略は,個々の商品戦略の重要な要素であると同時に,「ブランド」戦略の一翼を担うものとして,企業の経営戦略の1 つと位置づけることができることである.弁理士は,企業内の意匠・デザイン業務に関し,創作の早い段階から積極的に関与し,創作・出願戦略を構築すべきこと,そして特に企業の経営層に,意匠・デザイン戦略は,ブランド戦略として,経営に直結するものであることを納得させるべく活動することを期待されている.
<Summary>
Companies should create original designs, and establish a sustainable competitive advantage in the market. The design strategy is, as well as product strategy, a kind of “brand strategy”, which is very important for the business development. Therefore, Patent attorneys should play an important role in building a strong strategy regarding design creation and obtaining the intellectual properties thereof. Patent Attorneys are also expected to persuade executive officers to recognize that design strategy directly effects not only on brand strategy, but also on business development.

<キーワード>
意匠・デザイン戦略,ブランド戦略,経営戦略,弁理士,知的財産リスクマネジメント
<Keywords>
Design Strategy, Brand Strategy, Business Development Strategy, Patent Attorney, Intellectual Property Risk Management