学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第1号掲載

サービスイノベーション促進のための新たな知的財産権の提案
A Proposal on New Intellectual Property Rights for Service Innovation

幡鎌 博
Hiroshi Hatakama

日本知財学会誌 Vol.6 No.1 p.83-102(2009-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.1 p.83-102(2009-11-20)

<要旨>
本稿では,サービス産業の特徴とサービスイノベーションに対する取組みのサーベイと,サービス関連の知的財産の現状と問題点の分析を行った上で,サービスイノベーションを促進するための新たな知的財産権を提案する.まず,サービス産業の製造業との違いを明確にする.次に,現状でのサービスイノベーションに対する政策・研究をサーベイし,サービス関連の知的財産権の重要性を考察する.そして,現状のサービス関連の知的財産権(特にビジネス方法特許)の問題点を分析する.特に,実際にサービスを提供している企業のみが恩恵を受けるような知的財産権の必要性を述べる.その上で,サービスイノベーションを促進するための新たな知的財産権として,独占はできないが先行者優位をもたらし,かつ「自然法則の利用」の条件を緩めた,サービスの発明向けの知的財産権を提案する.さらに,その具体案として「元祖権」を紹介する.
<Abstract>
Inventions in service are protected to a lesser degree by patents than are those in manufacturing. Patenting services often does not benefit the public, because the diffusion of the service is delayed. This paper proposes a new intellectual property right to promote service innovation. Although holders of the proposed right will be able to neither monopolize the use of the inventions nor collect a license fee, the right could give inventors an effective incentive to invent innovative services. The right could protect service inventions, promote the efficient use of the inventions, restrict free riding, and complement the existing patent law.

<キーワード>
サービスイノベーション,イノベーション政策,ビジネス方法特許,eビジネス,先行者優位
<Keywords>
Service Innovation, Innovation Policy, Business Method Patent, E –Business, First-Mover Advantage