学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第1号掲載

大学の知財力:技術の不確実性を削減する組織的能力として
IP Management Capacity of University: Organizational Management to Decrease Technological Uncertainty


渡部 俊也
Toshiya Watanabe

日本知財学会誌 Vol.6 No.1 p.37-48(2009-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.1 p.37-48(2009-11-20)

<要旨>
日本の大学の共同研究,技術移転の2つの産学連携活動に関する統計データを用い,それらに対する大学の知的財産マネジメントや技術移転マネジメントの影響を示すことによって,日本の大学の「知財力」がどのような能力なのかについて考察した.その結果,大学の知財力とは「技術の不確実性を削減する大学組織の能力」であると考えられることを論じた.
<Abstract>
The concept of “IP Management Capacity of University” is discussed on the basis of empirical study on joint research between university and industry and technology licensing from university. The conclusion is that IP Management Capacity of University should be considered as organizational management to decrease technological uncertainty of university research result.

<キーワード>
産学連携,知的財産,特許,技術の不確実性,実証分析
<Keywords>
Industry University Cooperation, Intellectual Property, Patent, Uncertainty of Technology, Empirical Study