学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第6巻第1号掲載

インベーションを創造する企業の研究開発マネジメントとエビデンスベース評価
Innovation and R&D Management based on Evidence

後藤 陽子
Yoko Goto

日本知財学会誌 Vol.6 No.1 p.10-16(2009-11-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.6 No.1 p.10-16(2009-11-20)

<要旨>
成長を指向する企業にとってイノベーションの創造は重要な課題である.イノベーションを創造するためには,「新市場創出力」「事業競争力」に加えて,これらの力を他者の力をも取り込むことでさらに強める,いわゆる「共創力」の3つの力を向上させることが必要である.3つの力を向上させるにあたっては,客観的なエビデンスに基づいて現状を分析し,戦略を検討することが有効であり,本論文では特許情報を用いた具体的な可視化手法の例を紹介する.
<Abstract>
To create innovation is the key for consistent company growth. Corporate competencies which develop new market, have business competitiveness and leverage 3rd parties’ resource are the significant factors in order to create innovation. Analyzing present states and planning business strategies based on objective facts as evidence are efficient to enhance these competencies. I will present powerful visualization techniques and case-based analysis with patent data as example of evidence in this article.

<キーワード>
イノベーション,企業の成長,研究開発マネジメント,戦略立案,エビデンスベース
<Keywords>
Innovation, Company Growth, R&D Management, Strategy Planning, Evidence-Base