学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第4号掲載

イノベーション時代の知財パッケージ ―実践と課題
Intellectual Package in Innovation Era


田中 芳夫
Yoshio Tanaka

日本知財学会誌 Vol.5 No.4 p.44-53(2009-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.4 p.44-53(2009-3-20)

<要旨>
イノベーションが様々な形で実践されているが,オープンイノベーションの進化形としての知財パッケージ型イノベーションの定義と取り巻く環境の実態の実践も進んでいる.イノベーションのインフラになっている情報通信産業における実践例より知財パッケージ型イノベーションを進める上での課題を考察する.
<Abstract>
In recent years, innovation is being implemented by several ways at many industries. Intellectual Package base innovation is defined as an evolutionary advanced innovation from Open Innovation. In this paper, the intellectual package base innovations in ICT industry, which are base infrastructures in every innovation, are observed. The issues to be considered for innovation progress are argued.

<キーワード>
イノベーション,知財パッケージ,アウトカム,相互運用性,標準
<Keywords>
Innovation, Intellectual Package, Outcome, Interoperability, Standard