学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第3号掲載

経済的観点から考えた模倣品対策戦略
Countermeasures and Strategies against Copy Products


林 瑞益
Zuieki Hayashi

日本知財学会誌 Vol.5 No.3 p.41-47(2009-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.3 p.41-47(2009-2-20)

<要旨>
企業活動において重要な基本的要因として“人”“物”“金”の3つがある.定性的に決定分析を行う際,課題解決手段から最適を導き出すのにこの3つの基本的要因は考慮されなければならない.本レポートではその中の“金”に絞った課題解決手段について述べる.これは企業活動の基本要因であるから,模倣品を製造・販売している企業にとっても同様に重要な要因といえる.“金”は換言すると“経済”となる.ここでいう経済とは商品開発および設備投資から生産・流通・販売までに生じる経済活動を指す.この一連の経済活動で生み出された収益で再投資を行う経済サイクルにクサビを打つ事が出来れば,サイクルは止まり模倣品の製造・販売している企業は企業活動を停止する.本レポートの中で実際に,クサビを打った事例について3例紹介する.それが「模倣品取扱業者のプライドとリスク」「米国でのITC(米国国際貿易委員会)と,製造業にとってのマスメリット」「物流のボトルネック対応」の3つである.同レポートの中で事例の戦略的検討経緯について詳細に記した.
<Abstract>
There are three important basic factors of “man”, “material” and “money” for enterprise activities. When performing qualitative decision analysis, consideration should be given to these three basic factors for deriving the optimum from among the means of solving issues. The current report describes about the means of solving issues, squeezing down to “money” of those factors. Being a basic factor for enterprise activities, this is likewise important factor to enterprises engaged in the manufacture and sales of copy products also. To put it other words, “money” would be equal to “economy”. Therefore, the title of the report is called as “Countermeasures and strategies against copy products considered from economic viewpoint”. The current report describes in details on the circumstances of examining strategies on the three themes of “Pride and risk of traders handling copy products”, “ITC in the United States (US International Trade Commission) and mass merit to manufacturers” and “Dealing with bottlenecks in logistics”.

<キーワード>
ポートフォリオ,謝罪,トータルライフコスト,損益分岐点,ボトルネック
<Keywords>
Portfolio, Apology, Total Life Cost, Brake Even Point, Bottleneck