学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第3号掲載

デジタルコンテンツの流動化と知的財産権制度の課題
Utilize of Digital Contents and Problems of Intellectual Property System


甲野 正道
Masamichi Kono

日本知財学会誌 Vol.5 No.3 p.6-13(2009-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.3 p.6-13(2009-2-20)

<要旨>
デジタルコンテンツの流動性は,いくつかの法改正の効果によって,最近進展が見られるが,流動化を一層促進するには,コンテンツホルダーの姿勢も重要である.ベンチャービジネスの発展のために「日本版フェアユース規定」を置くことが提案されているが,多くの問題を含んでいる.わが国においては世論が権利者に対して厳しいが,自由闊達に政策議論がされることが必要である.
<Abstract>
Multiple utilization of digital contents was enhanced recently with several revision of laws. To enhance it more, motivation of contents holders is also important. To develop venture businesses, fair-use provision in Copyright Law of Japan is proposed, but there are many problems to solve in this proposal. In Japan public opinion is sometimes unfavorable to copyright owners, but discussion should be done not being worried with it.

<キーワード>
デジタルコンテンツ,著作権,フェアユース
<Keywords>
Digital Contents, Copyright, Fair-use