学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第1号掲載

技術的範囲の広さに対応した特許請求の範囲の数値化方法の提案
A Proposal for a Numerical Method of Claims Which Corresponds to the Breadth of Their Technical Scope


安彦 元、田中 義敏、中川 秀敏
Gen Abiko, Yoshitoshi Tanaka, Hidetoshi Nakagawa
日本知財学会誌 Vol.5 No.1 p.67-80(2008-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.1 p.67-80(2008-8-20)

<要旨>
特許特有のクレーム記載パターンに着目し,各構成要素において定義されている技術事項の限定度合いを文法上の文節構造体を単位として抽出し,カウントする数値化方法を提案した.提案した数値化方法の各最小抽出単位1)構成要素,2)単語,3)格成分により実際の特許案件の特許請求の範囲を数値化し,これと技術的範囲捕捉成功/失敗と関係を調査したところ,最小抽出単位3)格成分とした場合に最も良好なt 値が得られた.このため,最小抽出単位を3)格成分とすることにより,技術的範囲の広さに対応させてこれを高精度かつ客観的に定量化,数値化する方法とすることができ,更にそこから技術的範囲の広さを客観的に測定することができることも可能となることが分かった.
<Summary>
This paper gives new proposal for a numerical method of claims which corresponds to the breadth of their technical scope. We tried to quantify technical scope with proposed numerical method ( 1) component, 2) word, 3) noun phrase in grammatical case) by using court cases, and investigated relation between rate of victory in a legal suit and dimensions of technical scope quantified. It was found the result that 3) noun phrase is valid as numerical method of claims which corresponds to the breadth of their technical scope.

<キーワード>
技術的範囲,特許請求の範囲,数値化,文法,格成分
< Keywords>
Technical Scope, Claim, Numerical Method, Noun Phrase, Grammatical Case