学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第1号掲載

iPS細胞が開いた日本の知的財産の地平 ―ニュースの現場から
New Horizon of Intellectual Property Expanded by iPS Cell in Japan:
From Point of View of a News Reporter

矢澤 寛茂
Hiroshige Yazawa
日本知財学会誌 Vol.5 No.1 p.19-26(2008-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.1 p.19-26(2008-8-20)

<要旨>
iPS 細胞のニュースは日本のマスメディアにとって,生命科学における複雑な知的財産の問題を伝える初めてのケースとなった.政府を中心にした研究振興策が上積みされ,知財戦略のシンボル的な存在となったが,知財管理の体制に限らず課題が多い.取材の現場から昨年11 月以降のヒトiPS 細胞をめぐる展開について概観した.
<Summary>
The Birth of human induced Pluripotent Stem cell gave the Japanese mass medium to struggle with complicated problem about intellectual property in bioscience. iPS cell became a symbolic topic about the national strategy but there remains so much of challenges. I reviewed here the movement after the publication of the article about h-iPS cell in November 2007.

<キーワード>
オールジャパン,知財管理,バイエル,技術移転機関(TLO),リプログラミング
< Keywords>
All Japan, IP Management, Bayer, TLO, Reprogramming