学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第1号掲載

iPS細胞の科学,技術,イノベーション
Science, Technology and Innovation of induced Pluripotent Stem Cells


田中 秀穂
Hideho Tanaka
日本知財学会誌 Vol.5 No.1 p.13-18(2008-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.1 p.13-18(2008-8-20)

<要旨>
ヒトiPS 細胞の研究は、ライフサイエンスの歴史に刻まれる重要な成果であり、科学と技術の両面で激しい競争が行われている。本稿では現時点での情報を整理して、この技術をインベンションからイノベーションへと導くための課題を考察する。
<Summary>
Research of induced pluripotent stem cells is one of the most important accomplishment in the history of life-science and its competition is very fierce both in science and technology. This paper reviews the current information and discusses the issues that lead iPS cell technology to the innovation.

<キーワード>
科学,技術,再生医療,知的財産,イノベーション
< Keywords>
Science, Technology, Regenerative Medicine, Intellectual Property, Innovation