学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第1号掲載

植物品種育成者権の例外規定に関する契約理論的分析 ―農業者の自家増殖について
A Contract Theoretical Analysis of the Plant Variety Protection and Seed Act :
About the Farmer’s Personal Proliferation of Seed and Seedling


野津 喬
Takashi Nozu
日本知財学会誌 Vol.5 No.1 p.126-145(2008-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.1 p.126-145(2008-8-20)

<要旨>
種苗法は植物新品種の開発インセンティブを高めるため,植物の品種を新たに育成した者に一定期間の独占的利用権(育成者権)を設定しているが,「農業者の自家増殖」(農業者が種苗企業等から購入した種苗の収穫物の一部を翌年に種苗として自己の営農に使用する行為)には「育成者権」の効力が及ばないため,種苗企業等の植物新品種開発インセンティブを低下させている可能性がある.本論文では,種苗企業への質問紙調査を踏まえつつ,種苗企業と農業者が結ぶ「農業者の自家増殖を制限する契約」に着目した契約理論的分析によって,「農業者の自家増殖」及び「契約の不完備性」が植物新品種開発インセンティブを低下させている可能性を示す.さらに,植物新品種の開発インセンティブを高めるためには,「自家増殖を制限する契約を締結する慣行が定着していない」植物について,農業者の自家増殖に育成者権の効力を及ぼす必要があることを提言する.
<Summary>
The Plant Variety Protection and Seed Act promotes the breeding of new varieties of plants by protecting the rights of the breeder of a new variety. However, there is a possibility that the breeding of new varieties has not been promoted enough because the effects of this right don’t extend to the famer’s personal proliferation of seed and seedling.
This thesis shows by the contract theoretical analysis that the farmer’s personal proliferation of seed and seedling discourages the breeding of new varieties.

<キーワード>
種苗法,育成者権,農業者の自家増殖,契約理論
< Keywords>
Plant Variety Protection and Seed Act, Breeder’s Right, Farmer’s Personal Proliferation of Seed and Seedling, Contract Theory