学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第5巻第1号掲載

著作物におけるディストリビューター(流通者)の影響に関する考察
Distributer’s Influence on a Copyrighted Work


宮城 禎信
Yoshinobu Miyagi
日本知財学会誌 Vol.5 No.1 p.105-125(2008-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.5 No.1 p.105-125(2008-8-20)

<要旨>
著作権法が及ぼす法制効果は,その権利の重畳性により創作者のみならず,その著作物を流通する者にも同時に影響を与える.本稿では,著作物の創作者と著作物を流通する者との関係に着目し,両者の関わり方から社会余剰を分析するとともに,創作者の利益(効用)について「広まると嬉しい」概念を提示した.これらの分析により,創作者と流通者では利益を最大化する流通量に差が生じることを示し,権利者が競争を促すような状況が生じる新たな形態の市場から,流通コストである限界費用や創作者の対価方式が重要な要素となることが示唆され,著作権制度による保護のあり方を考えるうえで,社会厚生上考慮すべき視点を提起している.
<Summary>
In this paper, “It is glad when spreading” concept of creator’s profit (utility) is presented by economics investigating the relation between creators and distributors in the Copyrighted Work markets.
In addition, implications for desirable copyright system are discussed considering a social surplus and an influence of the distributor in the Copyrighted Work markets.

<キーワード>
著作物,流通者,限界費用,効用,対価方式
< Keywords>
Books, Works, Distributor, Marginal Cost, Utility, Compensation Modes