学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第4巻第3号掲載

「知的財産検定」のスキルデータを利用した知財人材マネジメントの科学的アプローチ
Scientific Approach to Human Resource Management in Intellectual Property Field,
Used Skill Data which were Measured by “The Examination of Proficiency in Intellectual Property”


杉光 一成
Kazunari Sugimitsu

日本知財学会誌 Vol.4 No.3 p.21-28(2008-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.4 No.3 p.21-28(2008-3-20)

<要旨>
この論文では「知的財産検定」のスキルデータを利用した知財人材マネジメントの科学的アプローチの結果を報告することを目的とする.国内及び外国への特許出願スキルの向上について,OJTとOffJTのいずれが有効かについてスキルデータを使って分析した.その結果,国内出願スキルについてはOJTとOffJTはほぼ同等に有効であることが分かった.また外国出願スキルではややOffJTの方が有効であることが分かった.
<Abstract>
This paper is intended to report scientific approach to Human Resource Management in intellectual property field, used skill data which were measured by “The Examination of Proficiency in Intellectual Property”. The important findings are; (1) domestic patent application skills correlate with both OJT and OffJT to similar extent, (2) foreign patent application skills correlate a little more with OffJT than OJT.

<キーワード>
知財人材育成,スキル,人材マネジメント,OJT,OffJT,科学的アプローチ,知的財産検定
<Keywords>
Human Resource in Intellectual Property Field, Human Resource Management, OJT, OffJT, Scientific Approach, The Examination of Proficiency in Intellectual Property