学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第4巻第2号掲載

コンテンツ産業におけるハード・ソフト融合について
New Business Possibilities Derived from Contents-hardware Synergy

前田 泰宏
Yasuhiro Maeda

日本知財学会誌 Vol.4 No.2 p.41-45(2008-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.4 No.2 p.41-45(2008-2-20)

<要旨>
ビジネス面からも文化面からもコンテンツに期待が集まる中で,ハードとソフト(コンテンツ)の融合の重要性が指摘されている.本論文では,ハードとコンテンツに新たな定義を与えた上でハードの役割を3類型に分け,ハード・ソフト融合の意味に関する分析を試み,ハードと連携することによって,コンテンツの活動領域が大幅に広がりを見せることを示した.
<Abstract>
Japanese entertainment contents are expected to lead the world in both business and cultural field. As for business, it is pointed out largely that contents should be united much more with the hardware which delivers the contents. This paper gives new definition to both contents and hardware and shows the possibilities of new business derived from contents-hardware synergy.

<キーワード>
コンテンツ,ハード,五感,連携
<Keywords>
Contents, Hardware, Human Senses, Synergy