学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第4巻第2号掲載

文化産業におけるデジタルコンテンツの知財戦略
Intellectual Property Strategy of the Digital Contents in a Cultural Industry


生越 由美
Yumi Ogose

日本知財学会誌 Vol.4 No.2 p.32-40(2008-2-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.4 No.2 p.32-40(2008-2-20)

<要旨>
今,デジタルコンテンツを円滑に使用するために知財制度に関する議論が続いている.工業社会で誕生した知財制度では知識社会に適合できない部分があるためである.新しい知財制度を考えるには,知識社会の中心価値である「ゆたかな時間」を視野に入れ,文化資本を基盤とする新規なサービス産業の起業が必要である.文化産業におけるデジタルコンテンツの知財戦略を構築しながら,知財制度を改良しよう.
<Abstract>
We are now considering about a new intellectual property system to use digital contents smoothly. The intellectual property system that was born in industrial society is partially unfit for knowledge society. For considering a new intellectual property system, we must bring an Affluent Time which is a core value of knowledge society into view. And we have to promote the new service industries based on cultural capital. Let us revise the intellectual property system, building intellectual property strategy of the digital contents in a cultural industry.

<キーワード>
分化産業,デジタルコンテンツ,知財戦略,豊かな時間
<Keywords>
Cultural Industry, Digital Content, Intellectual Property Strategy, Affluent Time