学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第4巻第1号掲載

標準の技術史
Standardization in the History of Technology


橋本 毅彦
Takehiko Hashimoto
日本知財学会誌 Vol.4 No.1 p.3-11(2007-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.4 No.1 p.3-11(2007-12-20)

<要旨>
本稿では,技術史における標準に関して,度量衡の単位としての標準,基準としての標準,システムにおける互換性を保つための標準という3つの観点における標準に関する歴史を,いくつかのエピソードを紹介しながら説明した.特に,ヨーロッパにおいては19世紀から国際協定を結ぶという形で国際標準を制定していく土壌ができあがっていたことを指摘した.また論文の後半では,20世紀から今世紀にかけて出版された標準化に関する3冊の入門的教科書をとりあげて,その内容や特徴を紹介した.
<Summary>
This paper deals with the standardization in the history of technology, paying attention to the three aspects of the standards: those as units of weights and measures, those as minimum standards, and those to enable interchangeability between parts of a system. In particular, I will mention the 19th-century background in Europe where various international agreements were made between nations. The latter part of the paper introduces three introductory textbooks on the standardization published in the twentieth and twenty first centuries, and compares their contents and natures.

<キーワード>
標準化,国際標準,度量衡,安全基準,標準化教育
< Keywords>
Standardization, International Standard, Weights and Measures, Safety Standards, Education of Standardization