学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第3号掲載

著作権法による真正品の輸入の制限
―平成16年著作権法改正による音楽レコードの還流防止措置を題材に―
Limitation of Import of Genuine Goods by the Copyright Law:
Measures to Prevent the Reverse Import of Phonograms by the 2004 Law for Amendment of Japan’s Copyright Law


村尾 崇
Takashi Murao

日本知財学会誌 Vol.3 No.3 p.67-88(2007-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.3 p.67-88(2007-3-20)

<要旨>
本稿は,著作権法による真正品の輸入の制限のあり方について,平成16年の著作権法改正による音楽レコードの還流防止措置を題材として論じるものである.
著作権法上の権利者による輸入の制限を認めることについては,円滑な流通の尊重等の観点から,従来は否定的な見解が多く見られたが,本稿においては,著作権法の法目的である「文化の発展」の利益を勘案した「国民全体の利益の最大化」を図る観点から,複製物の種類毎の必要性を検討した上で輸入の制限を行うことを許容すべきものと結論している.その上で,権利者が一定の範囲で輸入を制限することが可能となった音楽レコードに関する平成16年の法改正を具体的題材として取り上げて,この改正が「国民全体の利益の最大化」を図るものであるかについて論じ,還流防止の必要性を認めた上で,その手段としての法改正の妥当性を結論している.
<Abstract>
This paper discusses the limitation of import of genuine goods by the Copyright Law as a theme about the measures to prevent the reverse import of phonograms introduced by the 2004 Law for Amendment.There has been a dense volume of negative opinion regarding to the limitation of import undertaken by the rightful claimant in the Copyright Law from the viewpoint of smooth circulation.However, this paper concludes that the limitation of import should be permitted on a case-by-case basis from the perspective of realizing “maximization of the people’s profits” relevant to the profit of “development of culture”. This is the legal purpose of the Copyright Law. In addition, this paper concludes that the measures to prevent the reverse import by the Copyright Law should be permitted from the viewpoint of accomplishing “maximization of the people’s profits”.

<キーワード>
著作権法,輸入の制限,分化の発展,国民全体の利益の最大化,音楽レコードの還流防止措置
<Keywords>
Limitation of Import, Copyright Law, Maximization of the People’s Profits, Development of Culture, Reverse Import of Phonograms