学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第3号掲載

知財マネジメントのケース・スタディ・アプローチ
Case Study Approach on Intellectual Property Management


米山 茂美
Shigemi Yoneyama

日本知財学会誌 Vol.3 No.3 p.57-66(2007-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.3 p.57-66(2007-3-20)

<要旨>
本稿の目的は,知財マネジメントに関する研究で多用されるケース・スタディの方法論を,その意味とマネジメント研究の中での位置づけ,ケースの選定やデータ・ソースの種類などの具体的な調査手法,さらに研究方法としてのケース・スタディの可能性と限界などの観点から検討し,今後の知財マネジメント研究のさらなる前進のための基礎を提供することにある.後半では,ケース・スタディに基づく研究の具体例として,筆者が最近行った研究を紹介し,前半で示される議論の理解を促す.
<Abstract>
The purpose of this paper is to provide methodological grounds for further development of the research of the intellectual property management, through examining case study method that is often used in that field from the standpoints of the role and significance of the method, the way of case selection and data gathering, its pros and cons as a research methods, and so on.
In the latter part of the paper, a research recently conducted by the author is introduced as an example of case study based research, to deepen the understanding of the discussion in the former part.

<キーワード>
仮説発見型研究,逸脱事例,理論的サンプリング,データ・ソース,三角測量
<Keywords>
Hypothesis-generating Research, Deviant Case, Theoretical Sampling, Data Sources, Triangulation