学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第3号掲載

日本の特許データを用いたイノベーション研究について
Innovation Research Using JPO Patent Data


鈴木 潤、後藤 晃
Jun Suzuki, Akira Goto

日本知財学会誌 Vol.3 No.3 p.17-30(2007-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.3 p.17-30(2007-3-20)

<要旨>
特許情報は知識やイノベーションに関する豊富な情報を含んでいるが,日本では研究用データとして使いやすいデータベースの整備が遅れていたために,十分に活用されてこなかった.一方欧米では,特許データベースの整備が様々なイノベーション研究の活性化を促し,研究コミュニティが誕生している.本稿では,日本の特許に関する利用可能なデータの概要を解説すると共に,研究用データベースのプロトタイプの整備と,そのデータを用いた予備的な分析結果を紹介した.また,日本の特許制度の変遷がデータに及ぼす影響や,個別特許の価値評価指標をめぐる議論,データの限界などについて考察を加えた.
<Abstract>
Patent data contains rich, if noisy, information on innovation. However it has not been used fully in Japan partly because user friendly patent data has not been available, while in the U.S. and in Europe, innovation research made a major progress by using patent data thanks to the NBER citation data base and others. In this paper we surveyed patent data bases currently available in Japan, including the IIP patent data base we developed, and showed some of the preliminary results using this data base.

<キーワード>
特許データベース,イノベーション,JPO,特許価値
<Keywords>
Patent Data Base, Innovation, JPO, Patent Value