学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第2号掲載

知財信託の論理 ―機能及び組成コストの比較
Intellectual Property in Trust


土井 宏文
Hirobumi Doi

日本知財学会誌 Vol.3 No.2 p.44-50(2007-1-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.2 p.44-50(2007-1-20)

<要旨>
2004年12月30日の改正信託業法施行により,知的財産権(以下,知財という)も受託可能財産となった.管理のみを目的とした信託の利用も有用であるが,ここでは信託の資金調達スキーム受け皿(SPV =special purpose vehicle)機能について考察する.コンテンツ産業などの知財ビジネスの場合,期待収益率のブレ(リスク)などを考慮すると企業金融(コーポレートファイナンス)よりも事業金融(プロジェクトファイナンス)がより適していると言われる.この面から見て,信託が他のSPVと比較して,どのような特性を持つのかを中心に概観することとする.
<Abstract>
Entrusting the intellectual property right became possible by the revised Trust Business Law effective on December 30, 2004. The use of trust aiming only at management is also useful, but the function of trust when it is used as a vehicle of the financing method (SPV=special purpose vehic1e) is considered here. Regarding the volatility of the expected rate of return etc., it is said that the project finance are more suitable for the intellectual property right business such as the contents industry than corporate finance. In this respect, I survey what characteristic the function of trust especially has, compared with other SPVs.

<キーワード>
財産管理機能,導管機能,転換機能,組成コスト,投資家保護
<Keywords>
Financial Management Function, Conduit Function, Convertible Function, Syndication Cost, Investor Protection